2021年01月19日

お祝い A.S A

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 年末年始、色々と慌ただしい時期ですが、いかがだったでしょうか。私はコロナの影響で親戚への挨拶が無くなり、ゆったりとした休日で嬉しいような、せっかくの会う機会を失って寂しいような複雑な気分になりました。
 もちろん、毎年恒例だった帰省した友人たちとの食事も無くなりました。電話やLINEでの会話となり、楽しいけどちょっと物足りないなあと皆で言っていたその時、
「私、来週結婚することになった」
という一言で大盛り上がりして、なんだかんだ楽しい時間を過ごすことができました。時期が時期の為、結婚式は挙げないとの事でしたが、落ち着いてまた会えるようになったら、盛大に祝おうと皆で決めました。その日が来ることを楽しみに、頑張っていきたいと思います。
posted by ハロフレ at 09:07| Comment(0) | 日記

鼻より命 メ@121

 新型コロナ対策として、人種を問わず、老いも若きもマスク着用が必須となっている。そして、マスクは、体の一部分であるかの如く、着けておくことが当たり前で、ごく普通の風景になった。値段も一時期、紙マスク1枚が70円を超えるようなことがあったが、今では、10分の1の値段で良質のものが手に入る。当施設では、先月から毎月の利用者工賃の支払日に全員一律に17枚ずつ無料配布することにした。
 しかし、感染防止とはいえ、できれば着けずに済めば、着けないでいたい。なぜなら、話しづらい、内側が湿る、耳の付け根が痛い。相手の場合は、話が聞きづらい、顔の表情が読み取れない。そして、一番の理由は、鼻が押さえつけられ少し痛いし、あまり高くない鼻が低くならないか心配だ。他人は、還暦を過ぎているのに、いまさら見栄えを気にすることもないのにと思うかもしれないが、気になるものは仕方がない。
 余計なことかもしれないが、最も育ち盛りの今の幼少年期の子供たちの世代が、マスクで鼻を押さえつけられたせいで、一様に鼻が低くならないだろうかと心配になる。いや、美容整形に抵抗がなくなっているので、無用な心配か。やはり、花より団子ならぬ、鼻より命!
posted by ハロフレ at 09:05| Comment(0) | 日記

2021年01月12日

寒の入り  120

 1月5日の小寒に始まる寒の入りと同時に、暦通りの寒波が日本列島を襲い、日本海沿岸で比較的温暖な萩地方も久しぶりの大雪となり、そして一日の最高気温が氷点下という日もあるしびれるような寒さに、身も心も凍り付くような思いをしている。
 そんな厳しい状況におかれる中で、当施設の利用者はごく々一部を除き、自分に課せられた作業日程に穴を空けてはいけないと、寒さに負けず出勤してくれている。くるぶしが埋もれるくらいの積雪の中、しっかりと雪を踏みしめて、注意深く歩いて通い、中には、5キロ以上の道のりを歩いて来る利用者もいる。彼らの強い責任感には、感服させられる。
 障害というハンデを抱えていることから、彼らは社会的には「弱者」の部類に入る。しかし、このような強い責任感をまざまざと見せつけられると、人間の本当の強さ、弱さとは何なのだろうかと考えさせられる。
 様々な面で、少なくとも彼らよりは恵まれていると思っている自分自身が、決して彼らより優れていると、万に一つも思ってはいけないと、これだけは言えると思う。
posted by ハロフレ at 09:08| Comment(0) | 日記