2019年05月14日

同窓会 K.K ㊱

 今週の土曜日に、高校の同窓会がある。4年前に近郊の、2年前に県内の同期生が集まり、今年は、定年退職を無事終えたであろうということで、全国のみんなに呼びかけて集まることが以前から決まっていた。
 萩高では毎年8月8日にすべての卒業生の同窓会があるが、卒業15年後には引受当番が回ってくるため、その1年前から準備をし、当日はほとんどの同期生が集まった。当時は毛髪や皺を気にするような人もごく僅かで、人違いをすることはなかった。今回はそれ以来の多数の参加が予想され、還暦を迎えた初老の紳士淑女の「失礼ですが、どなたでしたっけ?」との会話があちららこちらから聞こえてくる実にのどかな(きわどい場合も)風景が目に浮かび、楽しみにしていた。が、しかし、参加を見合わせることにした。その理由は、参加費が1万2千円だったから。私の認識不足かもしれないが、もしもオードブルならばせいぜい8千円位のものと思っていた。ケチと思われるかもしれないが、高額の価格設定をするならば、その理由を付して予め全員から賛同を得るべきではなかろうか、何よりも遠方から旅費をかけて参加する者たちへの配慮をすべきではなかろうかと、半ば抗議の意味合いもある。
 ある友人からは、「お前はへんくうじゃのー」と言われ、「俺もそう思う」と返した。皆さんはどう思われますか。
posted by ハロフレ at 10:51| Comment(0) | 日記

2019年05月07日

時代が変わったのね。YS-C

 10連休を楽しんだ方も多いと思います。
 私もそれなりに大盛りのウニ丼から始まり、恒例のファミリー全員のBBQなど満喫しました。
 中学校時代バレーボール部に所属。休みは元日のみ。364日は部活に明け暮れる毎日でした。休日の練習は朝8時すぎから夕方6時まで、練習試合ともなれば夜の明けないうちから、帰るのは夜遅く。部活の数も多かったので、バレーボールでも他の部活が体育館を使う時間は屋外の練習。まずは外周10周。炎天下でも雪でも関係ありません。体操服とブルマー姿で走ります。その後基礎トレーニング。外のコートでもローリングレシーブ・・・膝や肘は傷だらけ。雨の降る日はもっと過酷な階段トレーニング。自分より10キロ以上重たい先輩をおんぶして3階まで何度も登る。降りるときは猛ダッシュ。腕立て腹筋も500回は軽く出来ていた。体育館に入り本格的な練習が始まる頃にはすでにボロ雑巾の様。それでも倒れるまでボールを追いかける。練習最後は薄暗くなり閑散としたグランドでリレー。学年関係なくチームを組む。負けたら運動場をうさぎ跳び。必死でした。当時は水を飲むな!休むな!の時代でしたからどんなに喉が渇いても水一滴飲めません。どんなに食べても太らない体を維持していました。おかげさまで、中学3年生の時に全国大会出場を果たし、萩っ子栄光賞を授与されました。
 サッカー部に所属する中学2年生の甥っ子に部活大変?と聞いたら、休みがない!と一言。よく聞いてみたら、10連休のうち3日休み。土日のどちらかは必ず休み。ということは全部で5日休み。理由は先生が休まないといけないからだそう。それで休みがない?!なるほど時代が変わったのね。当時私たちを指導してくれていた鬼監督は家族を顧みず私たちの青春にすべてを捧げてくれていたのだと思うと感慨深い。今でも時々会うけれど、次に会ったときはありがとうと言ってみよう。
posted by ハロフレ at 09:12| Comment(0) | 日記

休みは終わった K.K ㉟

 長い連休、如何でしたか。当施設の利用者の中には10日間休んだ人もいる反面、中には6日間出勤した人もいる。
 私たち夫婦は、交通渋滞や旅行疲れが思いやられ、遠方に出掛けることをしなかったが、3人の子供たちが、ばらばらに3日間ずつ、内一人は明日帰ってくる。
 ところで、我々にはまだ孫がいないが、孫が来て、そして帰っていく時の気持ちというのはどんなものなのだろうか。テレビ映像から流れる悲喜交々の光景を目にしても現実感がないので、想像ができないが、込みあがる嬉しさや寂しさは、これまで経験したものとは、きっと異質なものなんでしょうね。
 さて、今日から仕事や学校始めの皆さんには、厳しい現実が待ち構えていることでしょう。がんばれ!5月病なんかに負けるな!
posted by ハロフレ at 09:01| Comment(0) | 日記