2019年07月31日

「ありがとう」を言える人になりたいです Y.F D

人に感謝するとき「すみません」と「ありがとう」どちらが使いやすいですか?
子供のころ、祖父母に「ありがとう」は良いことが起きるおまじない言葉と言われたことがありますが、何時しか「ありがとう」より「すみません」のほうが多く使うようになりました。
できることなら、すみません…という言葉よりも「ありがとう」という言葉が使いたいのに、口癖のように「すみません」を使ってしまいます。
感謝の時に何故「すみません」と言ってしまうのでしょう
「すみません」には、謝罪・感謝・依頼(呼びかけ)の意味があります。
ですから、何かをしてもらったときは、素直に「ありがとう」と伝えるのです。
「すみません」と言ってしまうと卑屈に感じてしまいます。
「ありがとう」と言われた方が、素直に嬉しく思いますよね。
「ありがとう」を積極的に使うには…
「すみません」ではなく 「ありがとう」を積極的に使うには意識を持っていかなければなりません。
「すみません」という謝罪の言葉は謝罪をしなければいけない時に使うようにしたいです。
posted by ハロフレ at 09:18| Comment(0) | 日記

2019年07月30日

姥倉運河と平和橋 K.K ㊼

 鶴江・香川津地区は鶴江台と呼ばれているとおり、元々は新川地区と地続きだった。江戸時代に松本川が度々氾濫し、河口に甚大な被害を何度ももたらしたことから、安政年間に両地区を隔てる運河が掘られ、姥倉運河と名づけられた。鶴江台の住民の生活が不便になるため、沿岸の漁業権を優遇して与えられたと言う。両岸の往来は渡し船が使われていた。
 昭和30年に、中国地方で最大の水平式旋回橋の平和橋が架橋された。なぜ、旋回橋かというと、当時は半農半漁の暮らしを営む人々が多く、沿岸で漁をする小型船舶がひっきりなしに運河を通行していたからだ。今は鶴江地区住民の集会所になっているが、元は私の生家があった場所の真正面に橋が架かっていた。子供の頃は船が通るたびにボタン一つで旋回する橋を飽きもせず1日中眺めていたものだ。船が近づくと、遮断機が下り、人や車両の通行が遮られるが、一度だけ、橋番の人に拝み倒して、旋回する橋を実体験したことがある。結構スリルがあったように記憶する。今ではとても考えられないことだが、おおらかな時代だった。その橋も運河を通行する船舶数が激減したため、固定式の橋に架け替えられ、現在に至る。
posted by ハロフレ at 16:17| Comment(0) | 日記

2019年07月23日

新婚生活?? YS-D

 約3年間、周南での単身赴任を終えた主人が帰ってきた。
 理由は、宇部を拠点にした新規の仕事に対応するため、7月からは宇部に異動するようにとの会社からの辞令を受けたが、ひとり暮らしに飽き飽きしていた主人がなんとか会社を説得し、萩からの通勤を許されたためである。
 毎月1回〜2回程度通い妻をしていた私としては、やっと解放される〜と快諾。6月の最後の土日に引越しを済ませた。たったの3年間ではあったが、いざ引越しとなると荷物が増えていたことに閉口。家具家電をリサイクルショップや譲って欲しいという方に引渡し、なんとか我が家の車に乗るだけの荷物で引越しを完了した。
 さて、7月から新生活が始まった我が家。お互いの勤務の都合で長い時は3週間以上会えないこともあったため末娘は大喜び。主人は、炊事洗濯から解放され大喜び。私は仕事の都合でいつ帰るか、いつ発つかわからない主人に振り回されながらも、今までしてあげられなかった栄養面に気をつけての食事や弁当作り、それに加え大量の洗濯物。まだ3週間だけどこれが結構忙しい。反面、子育てに追われていた今までと違い2人で過ごす時間が増えた。一緒に映画を見たり、お酒を飲んだり、結婚当初にもなかったようなラブラブな2回目の新婚生活を満喫している。
 ただ、いつまで続くかは保証できないけど(笑)
posted by ハロフレ at 13:00| Comment(0) | 日記