2021年03月23日

80歳は、若手? 130

 幼稚園の頃は、小学生がしっかりして見えた。小学生になると、高学年が、6年生になったら、中学生が、…、大学生になったら、4年生がおじさんに見えた。市役所に入ると、先輩方は、おじ(い)さん、おば(あ)さんに見えた。しかし、自分が、50歳になってみると、まだまだ若いと感じた。60歳になると、老人クラブに勧誘された。全く老人という自覚はなかった。とんでもないと思い、断り続けている。普通、何歳くらいで入会するのだろうか。
 江戸時代、武士は40歳頃には家督を子に譲り、隠居し、50歳頃には死没するということは普通であった。だから、還暦には赤いちゃんちゃんこを着せて長寿を祝う。古希や喜寿、傘寿、米寿まで生きるのは珍しく、卒寿、白寿は妖怪に思えた。小さい頃は、100歳を超えた人の記憶はあまりない。
 栄養状態が改善し、医療が進化して、平均寿命が飛躍的に伸びた。市報のお悔やみ欄で、60歳代以下で亡くなっていたら、まだ若いのにと思う。80歳代は、普通に感じる。100歳を超えて、ようやく長生きされたなあと思う。
 ○○(90歳) △△さん、あんたぁ、今年で何歳になられますかいのぉ。
 △△ 今年で85歳になりますいのぉ。
 ○○ へーたら、まだまだ老人クラブの役員は、もう5年はやれそうじゃのぉ。
 △△ ところで、□□さんが先月、なくなっちゃったちゅうことですが、知っちょってですか。
 ○○ いやぁ知らんかったいのぉ。へーで、何歳やったんかいのぉ。
 △△ 80ちゅうて聞いちょります。
 ○○ まだ若いのに気の毒じゃのぉ。
80歳は、まだまだ若い?確かに、平均寿命は男女とも80歳を超えてはいる。しかし、若いなどとは、今は思えない。だが、限界集落では、現実的な話かもしれない。古来、長寿は喜ばしいこととされてきた。無論、自力歩行ができ、認知症がなく、おむつをせずに、健康であればの話だが。
posted by ハロフレ at 08:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: