2021年03月02日

YS-L 相変わらずですね

先日、某研修会に参加したときのこと。
講師名を見て驚き!!
当法人の設立当初に、快く理事の一人を引き受けてくださり、職員の研修や施設の在り方についてもご助言をもらい、ハローフレンズの発展に一役買っていただいたYさん。私より1歳年下の彼は、いろいろな経歴の持ち主で、現在は保護観察所の社会復帰調整官をしている。
様々な場面で相談や助言をくれる私が慕う友人の一人だ。
当日研修参加者は14名と少ない人数でしたが、緊張した面持ちで会場入りした講師は私に気がつくはずもない。参加者もそれぞれ置かれている環境や立場が違い緊張を隠せない中、開始直後の点呼で目と目が合い「なんでおるん??」と一言。会場が笑いに包まれ、一気に緊張がほぐれた。アイスブレーキングは完璧。
彼の授業のコンセプトは、「自らの体験、実践の意味付けをする。」「それを客観化し言語化し、普遍化すること。」
長い付き合いだけに、講師が言いたいこと、やりたいことが手に取る様に分かる。これ本当に福祉の研修??と皆が一様に言い出すくらい身体を使う。
私はいつの間にか研修参加者というよりは、次々出てくる指示を皆に説明したり、最初にやってみせたりする助手扱いになっていた。
9:00〜17:30の研修は言うまでもなくハードで内容が濃く、終わる頃には皆クタクタだったが、14人全員でラインを交換したり、次に会う約束をしたりして、人生の中で新たな同朋を得たような、学生時代に戻ったようなくすぐったい気持ちになった。
研修終了後、講師から来たラインで、砂川さんおったからホンマに助かりましたわ!ですって、本当に相変わらずですね。
posted by ハロフレ at 09:27| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: