2019年06月03日

髪は女の命というのに H.W C

 梅雨の季節がやって来ます。じめじめとうっとうしいですね。
 神経痛が痛んだり、昔の古傷が痛んだり・・・と余りいいイメージではない。
 私の場合は髪の毛だ!くせ毛の為、湿気が多いと髪が膨らみ、それでなくてもまとまりがないのに更に大変だ。冗談半分で水泳帽を被って寝たらよいとか言われ、水泳帽ではないが帽子を被って寝た事もあるが、今度はぺっちゃんこで髪が頭に貼り付きおかしい。
 美容院でもこの季節になると大変になりますね、と短く切られるが、これも微妙〜
 この美容院も毎月行く度に“今回はどうします?”と聞かれ、いつもと同じでと答え“了解です”と言われるが・・う〜ん?同じになった事がない。まあ、色々なお客さんが来られ、いちいち覚えてはいられないだろうが、毎回微妙に違う、今回はいいな〜と思い前回よかったので同じでと言うが残念な時もある。終るとこれでいいですか?と鏡を見せられ、違う!と思ってもの気の弱い私は笑顔で“はい、ありがとうございます”と笑顔で店を出て車に乗り、違うよな〜と独り言。
 いっそ角刈りにでもしてウイッグを被ったらぐちゃぐちゃ言わなくて済むかな?と思ったりもするがさすがにそれも無理だ。あ〜面倒くさい〜
 ちなみに今回の髪型も前回と同じで、と言ったが、鏡を見て“違うよな〜こんなはずではない”と、心の中で叫びながら笑顔で店を後にした私でした。
posted by ハロフレ at 15:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: