2019年05月28日

その後のメダカ YH−C

 昨年12月のブログに、メダカの飼育について書かせていただき、12月時点で約250匹の成魚・幼魚を飼っている事をお伝えしました。その後、メダカの飼育状況がどうなったのか、5月中旬までをお伝えします。
 屋外での飼育は、水温・日照に左右されます。昨年の10月下旬以降に寒くなり、水温が18℃以下、日照時間が13時間となった頃から産卵は止まりました。水温が下がるにつれ、成魚・幼魚ともに食欲減退が見られる様になり、幼魚の成長も止まります。
 冬の寒い時期に入ると、餌の回数は減り、1日1回を与えてもメダカが水面に顔を覗ける日は少なくなりました。2月頃には、約200匹近くいた幼魚の数がかなり減ってきた様にも思えたものです。
 4月上旬に入り、水温が上がり始めた頃、幼魚の生態がどうなったのか、恐るおそるに水槽の掃除を行いました。約50匹ほどの幼魚が、ほとんど成長のない状態で生き延びています。
 5月中旬を迎えた今、水温が日中では22〜24℃、夜間でも18℃以上となり、食欲を増した幼魚はかなり大きくなりました。 成魚も水温が18℃以上となった4月下旬頃から産卵を始め、5月3日付けの採卵床から5月14日に2匹が孵化し、現在31匹の稚魚が元気に泳いでいます。       
 目標1,000匹への道は始まったばかりです。

posted by ハロフレ at 10:33| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: