2018年09月25日

ハローフレンズは k.k.B

ハローフレンズは、障害者の働く場を提供している。その種類は、他の同種の施設と比べ豊富で、当施設の利用者からは目先が変わって、気分転換が図られてよいと言う意見が多い。反面、それぞれの仕事に職員を配置しなければならないので、事業所の規模に似合わせず多数の職員を必要とし、経営的には厳しいが、その分利用者にはしっかりした支援ができていると確信している。
 この施設に再就職して、痛切に感じるのは、障害者は生まれながらにして、あるいは何らかの事情から不幸にして障害を持つに至った人たちであり、今日まで色んな思いを抱きつつ、懸命に生きてきた人たちであるということである。それだけに、他人に対する思いやりや優しさ、純粋な気持ちを、我々以上に備えているということである。
 この施設で、こうした人たちに囲まれて仕事ができる幸せは、嘗て味わうことの無かったことで、この人たちが幸せを感じることができるよう全力を注がなければならないと思っている。
posted by ハロフレ at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: