2021年02月24日

再び猫の話  T・FG

以前にも少し記載させてもらったが、我が家には2匹の雌猫がいる。家の軒下で育児放棄の状態で鳴き続けていたところを娘が発見し保護した。名前はシマとクロ。見たままの名前。色々候補を挙げたが全て却下された。悔しいので家族が挙げた候補も却下したら、醜い言い争いになったので、結局は平凡な名前で折り合いがついた次第である。
性格もそれぞれで、多分だがシマが姉的存在。世話好きでクロのグルーミングを積極的するが、あまりにもしつこい時は猫パンチをくらっている。最終的には喧嘩となり、家中を飛び回る。以前、私が寝ている時に喧嘩で追いかけっこになり、顔を引っかけられる被害に遭遇。夫婦喧嘩と間違われた。
動物も人間と同じで、それぞれ違う性格を持っているが、我が家の猫の場合、お互いが間逆の性格をしているので紹介したいと思う。

シマ:人見知りでおとなしい。お客が来ると扉から半分だけ顔を出し、ジ―と覗いて様子を伺っている。家族の前では触ってもすぐに逃げ、声をかけても振り向きもしないが、なぜか二人きりなると甘えてすり寄ってゴロゴロと喉を鳴らす。抱っこをした時は、これでもかっていうぐらい顔をスリスリしても無抵抗で、一度も「シャ―」と怒られたことがない。外で用事をしているとドアの入口で待ってくれている。
<分かりやすいタイプのツンデレ>

クロ:社交的でお客の前でも自ら寄ってくる。水を飲む時は台所の蛇口でしか飲まない。触っても無抵抗だが、抱っこは嫌がる(私と娘だけ)。通り過ぎる時に本能的なのか、足を引っかけられ穴があく事がある(私だけ)。話しかけると返事をしてくれるが、シマとの喧嘩中や機嫌が悪い時に話しかけると、「シャ―」と怒り手が出る(私だけ)。機嫌悪いなーと思って近づかずに距離を置いて他の事をしていると、何も無かったかのように膝の上に座ってくるので、「何で―っ?」てなる。
<女心がよく分からないタイプのツンデレ>

これが人間だったら「めんどくさっ」と思うが、猫だから許せてしまうのは私だけ?
あなたはどっちのタイプの人が面倒? …間違えた。好みの猫?


ちなみに第一発見者の娘は当時、高校入学前でスマホデビューする時だったが、「スマホもいらない。私が世話をするから絶対に飼って!お願い!」とまで宣言したので飼う事に踏み切ったのだが、自ら世話をしている場面を一度も見たことがない。
posted by ハロフレ at 00:00| Comment(0) | 日記

2021年02月23日

雛飾り K.K 126

 先週、当施設のエントランスに七段のひな人形の飾りつけを職員と利用者数名で行った。
 雛飾りはいつまでにするかどうか、決まりごとはないようだが、3月3日まで日数が少ないことを考えると、もう少し早い方が良かったかもしれない。
 この雛飾りは、2年前に退職した職員が、随分前に持ってきてくれ、寄贈してくれたもので、早春の訪れとともに、施設全体を華やいだ明るい雰囲気に包んでくれ、訪れる人の気持ちを和ましてくれていることと思う。長年の活躍で、官女や随身が手に持つ小道具の幾つかは、いつの間にかなくなってはいるが、よく見ないとわからないし、人形は揃っているので、全く違和感がなく、立派に存在感を保っている。
 我が家にも長女が誕生したとき、妻の両親がお祝いにくれたものがあるが、2階の納戸から一式を引っ張り出し、1階の座敷に飾りつけをするのも一苦労で、日の目を見るのは数年に一度くらいで、もったいないし、可哀そうである。だからといって、飾りつけを私が手伝ったことはなく、はっきり言って面倒だ。大変なのは妻ばかりで、申し訳ないとは思いつつ、多分これからもそうなるであろう。
posted by ハロフレ at 13:13| Comment(0) | 日記

2021年02月16日

声優さん T.I−K

 「鬼滅の刃」のアニメ第二期が正式に決まったと発表がありましたね。漫画やアニメ、映画にとどまらず、グッズもすごい売れ行きのようですね。どんな商品も「鬼滅の刃」が入っていれば売れると言っても過言ではないような気がします。
 アニメや漫画といったサブカルチャーは日本の文化とされてきましたが、近年、声優さんのメディアへの露出が多くなってきましたね。特に最近は「鬼滅声優」という表現でよくテレビで見ますね。私が知らないだけで昔からフューチャーされていたのかもしれませんが、声のお仕事である声優さんがテレビなどで多く取り上げられるようになったのは今と昔の日本の市場の変化があるのでしょうか。それとも声優という職業に就きたいと思う人が増えたのでしょうか。そこのあたりは分かりませんが、声優さんの取り上げ方を含め、ユーチューバーやeスポーツがオリンピック候補に挙がったりと、どんどん新しいものが出てきて世の中の中枢にはいってくるので、流行についていくのはなかなかに大変そうですね。
posted by ハロフレ at 08:24| Comment(0) | 日記