2020年04月28日

ノアの方舟 K.K 83

 Stay homeが叫ばれている中、先週の土曜日、初夏のような温暖、好天に誘われ、多少の罪悪感に包まれつつも、social distanceと三密には十分留意して、家内と娘と小太郎を連れて、陶芸の丘から市街地を望んだ。美しい景色を眺めていると、新型コロナウィルスに世界中の人々が恐れ戦いている現実が嘘のように思えたが、遠くに見える日本海を見渡していて、ふと「ノアの方舟」が脳裏をよぎった。
 旧約聖書(実を言うと、私は読んだことはないが)の『創世記』(6章-9章)に登場する、大洪水にまつわる、ノアの方舟物語によると、神が人類の堕落を怒って起こした大洪水に際し、神の指示に従ってノアは箱形の大舟をつくり、家族と雌雄一対のすべての動物を引き連れて乗り込み、そのため人類や生物は絶滅しなかったという。
 高齢者や持病のある人たちが、重症化あるいは落命し易く、子どもや若い人たちが罹患しにくいとのデータがある。私も還暦を過ぎ、持病もあるので、前者に位置づけられるが、残念ながら、そのこと自体は一定の合理性があると認めざるを得ない。
 神は、人類に厳しい試練を与え、ノアの方舟に乗せる選民の作業をしているのかもしれない。だが、人格や能力に秀でていても亡くなる人もいれば、他人を殺め、傷つけ、悪事を働いてもノアの方舟に乗れる人もいる。
 そんなことを考えながら、おむすびを何個も頬張った。
posted by ハロフレ at 08:21| Comment(0) | 日記

コロナよ消えろ!

4月で52歳になった西山です。

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が出て、不要不急の外出自粛、商業施設の臨時休業
学校の臨時休校、運動施設の閉鎖、各スポーツの大会中止・延期など、過去に未経験の
ことが連続でおきてます。

先日ついに全国高校総体(インターハイ)、全国中学校体育大会(全中)の中止が決定し
少年野球の甲子園(高円宮賜杯マクドナルドトーナメント)も中止が決定し、子供たちの
夢・希望・目標が一つ消えてしまいました。
最終学年の選手たちの“不完全燃焼”をどうするべきか、何ができるか、子供たちの命を
守る立場として指導者の今後の課題です。
早期に終息宣言が出て、選手たちとグランドで野球ができることを望みます!

※ 本日(28日)山口県立学校・萩市小中学校の臨時休校が5月6日から24日までの
延長が発表されました。
子供たちと一緒にグランドで野球できる日が延びた… 残念!
posted by ハロフレ at 00:00| Comment(0) | 日記

2020年04月21日

こんにちは、安森です。T.Y G

 新型コロナウイルスの影響で、世界中が、大変なことになってきました。
 日本国内でも、多大の影響が出ており、山口県では、4月15日時点で、28人に陽性が出ています。全て山陽側とは言うものの、萩市が、ロックアウトでもしない限り、そのうち感染者が出てくることが、予想されます。気を付けていても、目に見えないウイルスの感染を、防ぐことは、難しいことで、いかんともしがたい部分もありますが、感染したときの、影響を考えると恐ろしくなります。できうる限りの手段を講じたいと思いますが、神様、仏様、ご先祖様に祈って、ウイルス流行の終焉を待つしかないのかな?家にこもって、体力のつくものをたくさん食べ、テレビ番組でも見ているくらいしか、思いつきません。安倍首相の言うように、テレワークができる人は、萩市に、何人くらいいるのだろうか。しばらくは、小さい小さい安倍のマスクをかけて仕事です。なぜ、もっと大きいのを作らなかったのか? 鼻を隠すと顎が出て、カッコ悪い。でも、我慢、我慢。
 今の時期、手と手をつなぐことはできないが、心と心でつながって、皆で、協力し合って、この難局を乗り越えていきましょう。

posted by ハロフレ at 09:51| Comment(0) | 日記