2019年10月01日

秋の味覚への不安 T.I‐D

 長かった残暑もようやく終わりを見せ始め、少しずつ涼しくなってきました。気温の変化に少し戸惑いながらも衣替えの時期を考えるようになってきました。
 今年は、台風などの天候の影響のためか、新米の出荷が遅れていたようです。野菜などにも天候不順の影響が出ているようです。これから美味しいものが増えてくる時期になり、楽しみですがお値段や出荷量が少し不安な秋になるかもしれません。できれば、美味しいものを(手ごろな値段で)食べたいなと思う今日この頃です。
posted by ハロフレ at 13:01| Comment(0) | 日記

ああ無常(not無情) K.K 56

 昨日、当施設男性職員が退職した。65歳の定年まで半年残しての早期退職だ。健康上の理由なのでやむを得ないが、残念だ。自分自身も前職は6年残して54歳での退職なので、偉そうなことは言えないが…。
 当該職員には、私が現職に再就職したときに色々仕事を教わった。4歳年長で、兄貴のような存在だったが、立場上、厳しいことも言わせてもらった。6年間、ほぼ毎日顔を合わせていたため、別れとなると寂しさを禁じ得ない。今後の息災をお祈りする。
 さて、入れ替わりに、本日付で新たに職員を迎えた。47歳の男性である。福祉の仕事に向いていそうな優しい面立ちをしていて、利用者から慕ってもらえるものと信じている。
 当施設は、昨年4月、バリバリの大学新卒者が入社した。大抵の場合は再就職者なので、画期的なことである。
 現在、当施設は、利用者思いの素晴らしい人材に恵まれていると思う。しかし、この数年のうちに、次々に職員が定年を迎え、入れ替わっていく。組織のマンネリ化を防ぐ上から新陳代謝は必要だが、経験豊富な職員には、可能な限り定年後も勤めてほしいと思う。
posted by ハロフレ at 12:57| Comment(0) | 日記