2019年02月26日

「はやぶさ2」に寄せて K.K ㉕

JAXAの惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウへの着陸に成功し、次なるミッションやその成果に期待がかかる。
1969年7月21日(日本時間)アメリカのアポロ11号が月面着陸に成功した。長い夏休みの初日で、当時小学5年の私は、昼食を食べながらその様子をテレビで観ていた。8月に行われる水泳の記録会に向けた練習に出かける前で、興奮して学校のプールに向かったことを覚えている。そのおよそ半年後2月11日に日本初の人工衛星「おおすみ」の打ち上げに成功した。祝日のテレビ放送を期待と不安でドキドキしながら見守った。その時将来宇宙飛行士になることを夢見た。
私は、鉄棒やマット運動など、体を回転させることが苦手というか好きではない。目が回るからである。船に乗っても吐きそうになるほど酔う。宇宙船の揺れは尋常ではない。そもそも初めから無理だった。兄は中学からの夢をかなえ、商船大学に進学した。だが、実習船に乗るたびに酔っていた。だから、船乗りにはならなかった。夢は見るものなのだとつくづく思う。
posted by ハロフレ at 08:55| Comment(0) | 日記

感謝の気持ちを込めて Y.Y B

 3回目のブログの番がまわってきました。
 1回目と2回目は失敗談を書かせてもらいましたが、今回はちょっと違う内容を書きたいと思います。
 昨年の12月、夫婦で結婚式に招待されて出席してきました。
 その披露宴の最後に新郎新婦からそれぞれの両親の名前を使って感謝の言葉を述べられていました。
そこで、私も主人と結婚して数十年が経ち、今更ですが主人にちょっとだけ協力してもらいお互いに感謝の気持ちを書いてみることにしました。

や…やさしさにあふれた笑顔に癒されて
す…すばらしい人生を贈らせてもらいました
え…永遠にこの時が続くことを望みます。ありがとう!!

こ…この年になってお互い いつの間にか馴れ合いになって
う…初々しい気持ちは忘れているかもしれませんが
じ…充分な優しさと懐の大きさにいつも感謝しています。これから年老いてくばかりで助けて貰う
ことが多くなると思いますが末永くよろしくお願いします。
posted by ハロフレ at 08:38| Comment(0) | 日記

2019年02月19日

スーパーサイヤ人 Y.S-B

 いまだかつて自分が覚えている中でインフルエンザに罹ったことがあっただろうか?もしかしたら自分が小さい時に罹ったことがあるかもしれないが、母も全く記憶にないという。長女・次女を続けて子育てしているときは、毎年予防注射をするにもかかわらず、数年に一度くらいはどちらかが罹っていたような気もするが、ただ当時は自分も若かった!まったく感染した記憶がない。
ところが今年は違った!我が家の可愛い三女が罹った途端たちまち一家を襲撃。夜中に次女を救急にかつぎ込んだ翌日にとうとう自分まで・・・
3連休、長女の引越しのため主人と私が大阪に行っている間ずっと三女と寝食を共にしていた70歳の母を一番に心配したが1人ピンピンしている・・・なぜ? 確かに苦労して女手一つで三人の娘を育て、70歳の今でも元気にパートに出ているにもかかわらず病気らしい病気をしたことがない。あの小さい体でどこまでも自転車で行くし、歩く速度は家族で一番早い。散歩の距離も半端ない強靭な体力の持ち主である。そういえばここ数年家族が集まった席では、母はスーパーサイヤ人なのではないかという話も出ていた。どうりで・・・納得。
何はともあれ、お母さんを見習いなさい!日頃から気をつけていないからインフルエンザなんかになるんよ!とぶつくさと文句を言いながらも甲斐甲斐しく世話を焼いてくれた。本当に母という存在は大きい。最後に一番やねこいのをもらわなければ良いがと心配している。
 今年で44歳。ゾロ目の年は良いことが起こると言う人もいれば、良くないことが起こるという人もいて、そんなの関係ない!!!と生きてきた私も流石に母には逆らえない。日頃を見直して少し運動をしないといけないな〜
posted by ハロフレ at 09:14| Comment(0) | 日記