2018年10月23日

前川清 k.kF

今日(30.10.16)は、毎年恒例のハローフレンズの研修旅行の日である。このことについては、またの機会に述べるとして、夕方から、萩市民館であった「前川清」コンサートに妻と二人で出かけた。前半の約1時間は地元のセミプロ級の人達やゲスト歌手が歌い、しばしの幕間の後、満を持して「長崎は今日も雨だった」のブルースとともにマイクを握る本人がホールを埋め尽くす900人の観客の割れんばかりの拍手で迎えられた。歌手生活50年、今年70歳とのことだが、その登場シーンは、スターそのものであった。私が高校生の頃、亡母は前川清の大ファンだった。なぜなら、メガネをかけていなかった当時の私が本人にそっくりだったから(と、母はしょっちゅう言っていたし、幾人の同級の女子からもそう言われていた)。私自身は、それほどファンというわけではなかったが、今夜のステージを見て大好きになった。ソロになって発表した数局に続き、ステージを下り、会場を可能な限り回り、クールファイブ時代の数々の名曲をマイク片手に歌いながら、観客の握手に応え、カメラやスマホにきちんと取りやすいポーズをとってくれたり、車いす席まで駆け寄ったりして、実にサービス精神に満ちた暖かい素敵なコンサートだった。これからは、毎週の日曜日には「前川清の笑顔まんてんタビ好キ」を見てみようと思った。
posted by ハロフレ at 13:15| Comment(0) | 日記

2018年10月17日

持てたい! その2 K.K.E

大学生のころ、やはり女の子にもてようとドラムが叩けるようになりたいと、アルバイトで
お金を貯めて、ドラムセットを買った。教本を買い独学で4ビートから16ビートまで簡単な
演奏はできるようになり、学園祭でも小さなホールで演奏もした。だが、初心者レベルからは
脱することはできず、我が家の倉庫に眠り続けていた。市役所をやめた年の9月のこと、その頃毎日することもなく暇を持て余していた私は、それこそ大学卒業後初めて家の中にセッティングし、音量を絞り悦に入って叩いていると、それを目にした仕事帰りの妻の顔がみるみる変わり、「もう、離婚する!」と叫んだ(ような気がした)。
直後、絶妙のタイミングで、今の仕事のお誘いの電話がかかってきて、お陰で夫婦2人の平和な暮らしを過ごしている。数十年ぶりに日の目を見たドラムセットは、再び暗い倉庫にしまいこまれている。
posted by ハロフレ at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年10月16日

誕生日おめでとう W.H.@

先月私の義母は96歳の誕生日を迎えました。
とても90歳過ぎとは思えない程しっかりして、色々な事に興味を持ち、おしゃれさんで
朝起きるとお化粧をして週1回のデーサービスの前日は必ず美容院に行きセットをしてから
出勤でしたが、ある日玄関でこけてしまいそれが一変しました。
週2回になったデーサービスの日以外はパジャマで1日中ベッドに寝てTVを見て過ごす様に
なりました。美容院に行くのも面倒くさがり恰好も気にしなくなったのが淋しい・・
でも変わらないとこもありそれは胃袋だ!寝ていてもお腹は空くようでお陰様で益々プックリ
見かねた主人が1日2食を提案し、納得した様に見えたがそこはちゃっかり3食のままだ!
しかし今年も出ました“死ぬ気がしない”発言!いつになったらその気がするのだ?と思いつつ
きっと来年も元気にその言葉を聞くのだろう。
お誕生日おめでとう義母さん。

posted by ハロフレ at 00:00| Comment(0) | 日記